ボトックスの成分とは?【タンパク質の性質を活用】

サイトメニュー

プチ整形で弱点克服

注射

簡単に問題を解決

美容整形は面倒でリスクが高いイメージがありますが、実はそうでもありません。特に最近人気のプチ整形なら、意外と簡単に整形することができます。そんな手軽に体験できるプチ整形の中でも、ボトックスほど用途の広い治療法は他にありません。なにしろシワを消すことからワキガ手術まで、さまざまな治療法に応用することができます。それほど使い道の広いプチ整形は、ボトックス以外ではまず見当たらないでしょう。なぜそれほど幅広い部分に作用するかといえば、ボトックス注射に使うボツリヌストキシンが脳から伝わる指令を阻害するからです。神経から出るアセチルコリンを阻害し筋肉や汗腺の働きを弱めることによって、その部分に起きている問題を軽減することができます。たとえば筋肉の動きが活発な部分に使えば、筋肉の動きを抑えることができるのでそれが原因となるシワや大顔の改善も不可能ではありません。これ以外にもワキガがある部分に使えば、エクリン汗腺から出る汗を抑えてくれます。汗がでなくなれば当然ワキガの臭いの原因が取り除けるので、症状がかなり軽減可能です。こんな風に使う部分を使い分ければ、いろんな箇所の治療に使えるのがボトックス注射のメリットです。ボトックスは大げさな治療はしたくないけれど、気になる部分の問題を少しでも改善したい時に使うのに適しています。確かに外科手術での美容整形をすると、どうしても傷跡が残ったり副作用がでたりしかねません。いくらコンプレックスを感じるとはいえ、大部分の方はそこまでして行うことに抵抗を感じる物です。ボトックスならその点注射だけの治療になるので、傷跡が残ったり深刻な後遺症が出たりする心配もありません。しかも治療やダウンタイムに必要な時間もごくわずかですむので、日常生活にすぐに戻ることができます。またボトックスは、本格的な美容整形をする前のテストとして使うのにも有効です。施術後の効果が約3カ月から半年程度と短期間で切れるので、それを利用すれば術後にどんな状態になるかを十分体験できます。実際にやってみて仕上がりが気に入らなければそこでやめれば時間とともに元に戻るので、遠慮なく実験ができるはずです。都合次第でいろんなパターンに使えるのもボトックスなので、自分の希望や用途に合わせてうまく使ってみましょう。

Copyright© 2018 ボトックスの成分とは?【タンパク質の性質を活用】 All Rights Reserved.